日本の風土にあったダブル断熱 商品に関するお問い合わせ・資料請求

ダブル断熱登録商標

日本の風土に合わせたシステム

日本の住宅は、元来より夏涼しく過ごすため、風を多く取り入れるつくりになっていました。 しかし、近代になり、冬の寒さをしのぐため、風を遮った隙間のない住宅がつくられるようになりました。 そうすると、夏の暑い時期には湿気が室内にこもり壁内の構造体などに吸収され冬の寒い時期にはサッシや壁面で起きる結露により、 水が内部へと浸透してしまいます。そうした水分が構造体を腐らせ、カビの発生を助長し、住宅の寿命を縮めているのです。 そういった現象を防ぎ、長寿命の住宅を実現するためには、断熱性能が高いことと、水分のコントロールができることが必要なのです。 そこでオーパスでは独自に開発した外断熱システム「フォルテ」と自然素材の内断熱である「ファイバーエース」を組み合わせた「ダブル断熱」を開発しました。 このダブル断熱により、水分のコントロールが可能となり、住まいの寿命を長くすることに成功しました。

セルロースファイバーのダブル断熱

コチラからカタログをご覧いただけます↓↓↓

会員様専用ページ

▲このページのトップにもどる

50年以上前から歴史ある外断熱工法

EPS断熱材のドイツの歴史

外断熱工法発祥の地ドイツでは 50 年以上前から外断熱工法があると言われています。
もちろん現在ほど断熱効果などが優れているものではありませんでした。 北海道札幌よりも北に位置するドイツは冬の寒さは厳しいことはもちろんのこと、夏の夜は冷え込むことが多くあります。

断熱の種類

▲このページのトップにもどる

防火のための建築制限

日本の土地は、●防火地域 ●準防火地域 ●法22条区域 ●無指定地域に分けられ、万が一火災が起きた場合に延焼による被害を抑えるため、 各地域によって建築の制限が設けられています。ダブル断熱なら法22条区域はもちろん、準防火地域、防火地域でも建築可能です。


※詳しい施工範囲等は、担当までお問い合わせくださいませ。

TEL.052-212-8777

日本の風土に合わせたシステム

▲このページのトップにもどる

無指定地域でも、火に強い建物を…

延焼の危険性が低ければ、燃えやすい家を建ててもよいのか? 答えは、もちろん「ノー」です。 オーパスでは、たとえ防火に対する制限を受けない地域であったとしても、しっかりとした防火構造を持った住まいを建ててもらいたいと考えています。 オーパスのダブル断熱の外壁は、国土交通省の認定を受けた確かな構造なので安全・安心。 保険会社にも認められているので、火災保険料が割引になる住宅を建てることができます。

安心の補償 オーパスの家火災保険

安心の補償 オーパスの家火災保証

コチラからカタログをご覧いただけます↓↓↓

会員様専用ページ

▲このページのトップにもどる