住宅寿命を延ばすフォルテ 商品に関するお問い合わせ・資料請求

外断熱システム「フォルテ」がつなぐ暖かい家と温かい家族。

熱を逃がさない、夏涼しく冬暖かい家。

オーパスの外断熱システム「フォルテ」は外壁塗り下地材と断熱材を一体化した外壁材のフォルテボードに、 弾力性が高く強靭な塗り壁材ディバネートで仕上げた外断熱システムです。フォルテボードは保温にとてもすぐれた性能を持っています。
フォルテボードで家全体を囲い込むことにより、熱の出入りを抑え、高断熱の家を実現します。 また、他の断熱材(ウレタンなど)と違い透湿する性能をもっているため、日本の気候に適した断熱システムといえるのです。

住宅寿命を延ばす断熱材のフォルテ

フォルテは数々のメリットで日本の住宅の寿命を延ばします。

[割れに強い]

非常に高い弾力性があるため躯体の変化や歪み等による目地割れやクラック(ひび割れ)や剥離の心配が少なくなります。

[結露防止]

結露を防ぎ、ダニ・カビの発生を減少させます。
また、フォルテの断熱材は垂れ下がったりしないため断熱性能の経年劣化は非常に少なくなります。

ダブル断熱で住宅寿命を延ばすフォルテ

※1.この試験はオーパスダブル断熱の構造体で取得したものです。

[省エネ効果]

外断熱システム「フォルテ」は高い断熱性能をもっているため、真夏や真冬の外気温に建物が左右されにくく、
室内の温度を一定に保ちやすいため、冷暖房の省エネルギー化をはかり快適な住居空間を作ります。

[国が認めた工法]

外断熱システム「フォルテ」に使用する断熱材は、材料自体燃焼を継続しない性質(自己消化性)をもちます。
また、構造一体で国土交通省の「防火構造30分認定」「準耐火構造45分認定」を取得している国が認めた安全な工法です。

[各種認定について]

●外壁30分防火構造認定、外壁45分防火構造認定

オーパスの外断熱システム「フォルテ」を用いた構造体で国土交通省より「外壁30分防火構造認定」「準耐火構造45分認定」を 取得しました。防火地域でも「フォルテ」の仕様で建てることが可能となりました。(※2)(※3)

※2.詳しい構造に関しては別紙資料をご参照ください。
※3.外壁45分準耐火構造認定は、準耐火認定制度にご契約された工務店様のみお使いいただける工法です。

●結露試験

財団法人日本建築総合試験所の試験にて、結露試験をクリアしました。 日本の住宅の寿命が短い原因のひとつである「壁内結露」を防止する、とてもすぐれた工法であることを証明しました。(※4)

※4.結露試験はダブル断熱の構造体で試験したものです。

基準一覧

※株式会社オーパス会社の、「低炭素建築物認定制度向け建材等ポータルサイト(住宅性能評価・表示協会)」における性能確認方法区分は"A"に該当します。

フォルテボード基準

▲このページのトップにもどる

長く美しさを保つ、クラックに強い塗り壁材ディバネート 商品に関するお問い合わせ・資料請求

ディバネートの特性

[低汚染性]強靭な塗り壁が汚染から守ります。

表面をより強固にすることで、より低汚染の塗り壁材となりました。(汚染性 ⊿E=約1.0)

住宅寿命を延ばすフォルテ

[割れに強い]ナノ単位の分子によりクラックを最小限に抑えてくれます。

ゼロスパンテンション試験 *自社試験

住宅寿命を延ばすフォルテ

[耐候性]耐候性に優れ、経時による退色が少なくなります。

屋外暴露による耐汚染性試験 *自社試験

住宅寿命を延ばすフォルテ

[防藻・防カビ]藻・カビをシャットアウトします。

防藻・防カビ試験  *JIS Z 2911に準拠

住宅寿命を延ばすフォルテ

[シックハウス対策]ホルムアルデヒド飛散試験をクリアしています。

ディバネートはホルムアルデヒド飛散量0.3mg/L以下(測定値:0.03mg/L)をクリアしています。
平成15年7月1日より改正建築基準法が改定され、シックハウス対策の規定が加わりました。 ディバネートは、改正建築基準法の告知で定められている性能区分の「規制対象外」であり、 ホルムアルデヒド対策マークの等級表示「F☆☆☆☆」を表示しています。

住宅寿命を延ばすフォルテ

▲このページのトップにもどる

下地材兼用EPS断熱材
フォルテボード・フォルテウール・防蟻ボード 商品に関するお問い合わせ・資料請求

長く美しさを保つ、クラックに強い塗り壁材ディバネート

優れた通気性

雨水は通さず、水蒸気は通す特殊な素材「ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板3 号、4号」を使用し、
大変優れた通気性を発揮します。

防蟻性 ※防蟻ボードのみの性能となります。

八ホウ酸二ナトリウム四水和物が添加されているため高い防蟻性を発揮します。
※オーパスは防蟻ボードを推奨します。

EPSの断熱効果の経年変化について

●経緯
1957年、日本建築学会、南極建築委員会が設計、㈱竹中工務店が実施設計、製作しました。
●EPS断熱材の熱伝導率変化
熱伝導率測定はJIS A 1412(保温材の熱伝導率測定法)に準じて行われ、創建当時からの熱伝導率の変化はほとんど見られませんでした。
セルの状態も確認したが、異常はありませんでした。
●まとめ
南極で40年間経過したこの建屋のEPS断熱材は、非常に厳しい気象現象にもかかわらず、
断熱性が建設当初に比べてほとんど劣化していないことがわかりました。
南極昭和基地の無線棟にEPS断熱材を使用(出典:建築雑誌/VOL.112,NO.1411/1997年9月号)

長く美しさを保つ、クラックに強い塗り壁材ディバネート

エコ商品

他の断熱材に比べて製造時にフロンが発生しないため、地球にやさしいエコ商品です。

施工性 ※フォルテウォールのみの性能となります。

メッシュ、ディバネートアンダーコートが施工されたフォルテウォールは、施工手間を削減し、工期を短くします。

長く美しさを保つ、クラックに強い塗り壁材ディバネート

▲このページのトップにもどる

長く美しい外壁を実現する耐アルカリ性メッシュ
スタンダードメッシュ 商品に関するお問い合わせ・資料請求

スタンダードメッシュはメッシュ繊維の周りにコーティングを施しています。

耐アルカリ性により割れに強い強靭な外壁をつくる

●高い耐アルカリ性をもっているため、メッシュの劣化を長期間にわたって防ぎます。
●ディバネートアンダーコートをメッシュで補強することによって、長く美しい外壁を保ちます。

長く美しい外壁を実現する耐アルカリ性メッシュ、ハイグレードメッシュ、スタンダードメッシュ

▲このページのトップにもどる

しわ加工された防水シートドレインラップ 商品に関するお問い合わせ・資料請求

オーパスのドレインラップはしわ加工がされているため、万が一外壁から水が浸入しても構造用面材まで水が到達することなく、 下に排水することができる防水シートです。

しわ加工によるすぐれた排水機能

しわ加工された防水シート、ドレインラップ

▲このページのトップにもどる

躯体とフォルテボードをつなぎとめるフォルテワッシャー 商品に関するお問い合わせ・資料請求

すぐれた耐久性

●直径45mmのサイズで、耐久性の高いプラスチックを使用。
●フラットに仕上げる、通気を妨げない穴あき構造。

躯体とフォルテボードをつなぎとめるフォルテワッシャー

▲このページのトップにもどる

サビに強いSUS304ステンレス製のビスステンレスビス 商品に関するお問い合わせ・資料請求

高級ステンレスSUS304

●高級ステンレスSUS304を使用、サビに対する絶大な効果を発揮します。
●SUS304はリサイクルに適した、環境に配慮したステンレスです。
 仕様に合わせて長さ45mm、57mm、65mmの3種類から選ぶことができます。
●留め付ける材料によって留め付ける場所にご注意ください。
(ダイライトは柱、芯材へ20m/m以上もみこむ。構造用合板は合板へ20m/m以上もみ こむ)

サビに強いSUS304ステンレス製のビス、ステンレスビス

▲このページのトップにもどる