商品に関する疑問はなんでもQ&A

ディバネート

Question1ディバネートに関する質問

トップコート

トップコートを塗った上からトップコートを塗ることはできますか?

Answer

はい、可能です。

下地の状態により、洗い・シーラー処理等が必要となります。
塗り厚が大きくなると割れやすくなり、コテ山が大きい場合、サンダー等で表面のディバネートを削ってから施工します。
塗料の密着度をあげるために、外壁を洗浄後、施工しましょう。

Question2ディバネートに関する質問

ディバネート アンダーコート・トップコートの素材を教えて下さい。

Answer

主成分はアクリル樹脂です。

Question3ディバネートに関する質問

外部コンクリートブロックをディバネートで仕上げたいのですが?

Answer

必ずシーラー処理後、ディバネートを施工してください。
または、コンクリートの上にアンダーコート+メッシュ施工の上、トップコートを塗ってください。

※注意事項
<剥離のおそれ>
コンクリート下地は表面が粉っぽくなるため、塗装の剥離が懸念されます。
ディバネートは塗り壁材として材料なりの接着性能を有しているが、コンクリート下地の上に使用する場合は剥離リスクを回避するため、 必ずシーラー処理をお願いします。
<ひび割れのおそれ>
ディバネート トップコートはフォルテボード+アンダーコート下地処理の上に使用することを前提として製造されています。 コンクリート下地の場合は、フォルテボード+アンダーコート下地処理の場合に比べて、水分の吸収量が大きいため、 塗ったトップコートの水分を過剰に吸収します。水分が過剰に吸収された結果、トップコートが急激に乾燥し、 表面にひび割れが発生する恐れがあります。
<コンクリートの伸縮の問題>
コンクリートの伸縮によりコンクリート及び塗装面に、またブロック等のジョイント部分に、ひび割れが発生する恐れが有ります。 コンクリート造においては目地を入れることが一般的だが、目地材の上は目地材のやせのためひび割れが避けられません。
<塀の天面からの汚れの問題>
塀の天面の傾斜を内部向きにすることをお勧め。塀の天面に積もった汚れが雨と共に一定の位置から壁を伝って流れ落ち、雨だれ汚れとして壁面に残り易くなります。バルコニー手摺などでは、金属製笠木の使用を推奨しています。