商品に関する疑問はなんでもQ&A

ファイバーエース

Question1ファイバーエースに関する質問

セルロースファイバーは沈下しないのですか?

Answer

吹き込みによっては、沈下する恐れがございます。

必ず下、中、上の3箇所に吹き込み口を開け、指定の量(1袋当り約3㎡)をパンパンになるまで吹き込んで下さい。

Question2ファイバーエースに関する質問

内断熱「ファイバーエース」の㎡単価は?

材料のみの㎡単価をおしえてください。

Answer

詳細は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

材料だけでも、材工でもご依頼いただけます。

Question3ファイバーエースに関する質問

ホウ素は体に害はないですか?

Answer

ホウ素は、目薬の成分としても使われており、害があるものではありません。

また、ホウ素の沸点は非常に高いため、平常の環境下では発散しないので、空気から体には入ることはありません。
ホルムアルデヒドの測定をし、F☆☆☆☆の証明をうけているので、安心してお使いいただけます。

Question4ファイバーエースに関する質問

専用の不織布ではなく、土間シートをつかって吹き込みは可能ですか?

Answer

いいえ。できません。

土間シートですと、吹き込みの際の作業効率が悪くなり、しっかりと隅までセルロースを吹き込むことが困難となります。
また、土間シートを使用した場合、施工後の保証は一切受け付けることはできませんのでご了承ください。

Question5ファイバーエースに関する質問

セルロースファイバーの出荷に関して教えて。

Answer

セルロースファイバーの出荷に関しまして

最短の出荷日は、ご注文、ご入金をいただいた翌日となります。

Question6ファイバーエースに関する質問

勾配天井のときのセルロース施工はどうしますか?

Answer

セルロースを吹き込むためには最低ふところが90㎜は必要です。

そのため、45×90の垂木が必要です。 下側から不織布を張り、ところどころにカッターで穴をあけ、ホースを差込み吹き込んでいきます。
または、あらかじめ不織布をミシンで袋状にし、作業場でセルロースを袋につめ垂木と垂木の間に入れ込む施工をされる方もみえます。
その後、下からオーパスパイン材を張り上げます。

Question7ファイバーエースに関する質問

一般的なセルロースファイバーの吹き込み厚は?

Answer

柱が105mm角の場合は、壁が105mm(55.0kg/㎡)です。
天井は200mm(25.0kg/㎡)です。